読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞すてっぷ

踊る日々の中で思ったことをゆるく、更新します。

バレエとバイトを両立してみてわかったこと①

何事も、続けていくのには気力が入ります。
気持ちも体力も大変ですよね。


そしてもう一つ。
現実なことを言えば、お金がかかります。

そんな訳で、私がバレエとバイトを両立させてみてわかったことを書いていこうと思います。


スポンサーリンク

脚やせ




  • バイトをしたメリット

・働くということがどういうことか、身をもって理解出来た
→今まで親にしてもらってたものが、どういう風に得られたものなのかがわかりました。 そして、バレエを観に来るお客様がどうやって公演に来てくださるのか、を考えるようになりました。もちろん働かなくても感謝は出来るけど、実際に知る事って違うなぁって思いました。


・バレエの世界とは違う人達に出会えた
→人との関わりも学べるし、様々な所に世界が広がりました。そうするとなぜか不思議と、バレエにつながるヒントが降ってきました。
それから、関わる人が増えたことで、自分の存在意義を感じられました。
バレエがなくても、私は私という人間である、って思うようになりました。
これは本当に踊るのに行き詰まった時精神的に大きな支えです。

→社会に出るということがどういうことなのかを感じるようになりました。私は大人としてまだまだだなぁと常々思います😂 ただ私は周りの方々をみて学んで、実践して少しずつ出来ることが増えていくのが楽しいので、へこたれずにやれてます。笑



・自分で決められることが増えた
→何を買うか、どこに行くのか、自分1人で決められることが増えました。



・バレエ以外の自分に出会えた
→これも前記と重なるけれど、バレエ以外の自分って必要ないように思えるかもしれないけれど、この時間は実は大切。
バレエで煮詰まった時絶対助けになるし、経験って、踊りに繋がると思うから。




デメリット

・バレエ以外の事で疲れを感じる
→まぁ、当然のことですが。笑
でも最近は良い気分転換にもなるようになりました。だいぶ仕事も覚えて、周りの方にも慣れて毎回楽しく働かせていただけているので。


・時間が縛られる
→これが結構難しいです。今働いてるところはシフトを半月前に1ヶ月分提出なので、バレエあるあるの予定変更が多いと、周りにも迷惑がかかってしまったり、、、
今は、なるべく迷惑がかからないであろう時間で提出しています。なので、時間数は少なめです。
ただマクドナルドのように二週間前に提出とか、シフトの自由が効きやすいところもあるので気になるようならその辺りはよく調べることをお勧めします✨
シフトの自由がききやすいバイト先は、バイトの方が多いので同じ年代が多い可能性が高いです。




私は本当にありがたいことに、バイト先に恵まれてバレエとバイトを両立させることが出来ています。
バイト先のスタッフの方々もそうですし、お客様にもバレエ頑張ってね!と言っていただけることがかなり自分を励ましてくれます。


続く......

My SNS
Twitter @mioalwaysWD
Instagram @miokuruma


スポンサーリンク




Mio