読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞すてっぷ

踊る日々の中で思ったことをゆるく、更新します。

自分の考えを発信する怖さと嬉しさ

こんばんは🌙

今日嬉しいコメントを読みました。



私は特にここ一か月弱ぐらい、instaを毎日更新してます。
Insta (@miokuruma)

なぜかと言うと、自分をもっと出して生きていこうって思ったから。

昔、子供の頃は割とはきはき意見を言う子供でした。それでも言えなかったこともいっぱいありました。
でもそれ以上に、大人になるにつれていつの間にか言えない言葉が増えていました。
人と違う意見を言うこと、大勢の中からはみ出すこと、人に何かを思われることが、怖かった。
高校生になって、クラスメイトに出会って、段々と言いたいことを言える自分にまた戻って行って。だけどそれは、クラスメイトのみんなに対して、私がなんて言っても受け止めてくれるっていう信頼があったから。


でも、それだけでいいのかな、って。
場所や人に左右されて、自分を隠す様な大人になりたいのかなっていう疑問があって。もっといろんな人に対して自分が正直になったら、もっと違う人との関わり方が出来る気がしました。

だから、instaで始めた"書く"こと。
自己主張をすること。
自分勝手に自分中心になるのではなくて、自分をしっかり持って、それを誇りに思うこと。
それって、簡単そうで難しいことです。ね。

今日思った事を、"書く"
人に読まれる場所に書く。

やっぱりちょっと怖さもあって。
こんなこと、って思う人もいるんだろうなとか、思うわけです。

そんな中今日、バレエスタジオの友達が、私の文章が好きってコメントをくれました。れんちゃん、ありがとう。


その言葉を見て、
まだまだ続けようって思えました。

こんなこと、って思う人が例えいたとしても、私が決めて書いていること。
私がしたくてしてること。
そして、1人でもそれを読んでくれてる人がいる。
それだけで、私は変われる気がします。


これってバレエにも繋がってるって思っているんです。
ずーっと持ち続けてきた、"私なんか"っていう思い。
自信持ってニコニコ踊っている様に、人からは見えるかもしれなくても、
自分はどこかで、"私なんか"って思ってる。
思ってるつもりがなくても、どこかにあり続けてたこの気持ち。
いざという時に、そこからくる気持ちの弱さが現れる。
だから、それを止めようって思って。


一人一人に良いところがあって、
一人一人に価値がある。
それは、自分も同じ。


私なんか、じゃない。


胸を張って、
ダンサーですって言いたい。
バレリーナですって言いたい。


そう言える日まで。


そうなれるまで。


そんな思いで、自分の思いを書くと決めました。
Instaもblogもまだまだ更新続けます。



明日はバイトの研修が待ってます。
あぁぁぁ気が重い。笑
苦手なんですよ、新しいこと覚えたりやったり、、、、がんばろ。笑




おやすみなさい🌙


My SNS
twitter @mioalwaysWD




Mio


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シロクマのことだけは考えるな! [ 植木理恵 ]
価格:464円(税込、送料無料) (2016/11/29時点)