読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞すてっぷ

踊る日々の中で思ったことをゆるく、更新します。

幼稚園の頃に学ぶバレエにって?



昨日は横浜でも雪が降りました!
寒かった〜
今年の初めはスイスで雪を沢山見ていたので、感動は薄かったけど、なんとなしにワクワクしました。笑



さて、そんな雪の中、バレエ教室には幼稚園生が全員休まずお稽古に来てくれました💓


私がバレエを始めた時からお世話になっている、ゆみこ先生のスタジオ、
戸部有美子バレエ教室では、
現在木曜日の3時半から未就学児のお友達のクラスがあります。
私は今そのクラスと次の小学校1年生・2年生のクラスを、お手伝いさせていただいています。


そして昨日はこんな可愛いプレゼントを頂きました😊


嬉しくて、インスタとtwitterにも載せてさらにここっもていう。笑



ゆみこ先生の幼稚園のクラスは、バーレッスンはしません。
体をぎゅーぎゅー押すストレッチもありません。
幼稚園の時は、跳んだり回ったり、想像したり音楽を感じたり、そして踊る喜びを全身で表現したり。先生のクラスは、そういうクラスです。


冠を使ってプリンセスになったり、
魔法のハンカチでバレリーナの足の練習をしたり。
プリエの素敵な窓を見にライオンちゃんまでやってきてくれます。

そんな幼稚園クラスのあと小学生に上がると、少しずつ体に無理なく、そして丁寧なバレエのルールが身につくようなクラスが待っています。

私はそんな先生のクラスが大好きです。


幼稚園のみんなは、
みんなが1人1人、
自由に発想しながら、
楽しく"踊って"います。

世の中にはいろんな考え方があって、
どの考え方も本当に素敵だと思っています。

大事なのは自分がどれを選ぶか、
どれを好きだと思うか。


私はゆみこ先生の考え方が好きです。
私は先生の魔法みたいな楽しいクラスがあったからこそ、
今日までこうして楽しく踊り続けこられたから。
そしてその楽しさの延長に、私はダンサーになる道がありました。


誰でもダンサーになるわけじゃない。
誰でもダンサーにならなきゃいけないわけじゃない。
でも、先生のもとでこうしていま"楽しく踊っている"ことは、
みんなのこの先の未来を創ると思っています。

先生は、踊りの楽しさ っていう種をみんなにまいてるんだなぁと、行くたびに思います。


私もいつかはあんな風に、、、💓
その前に、もっと自分も踊らなくちゃ!笑


そんな風に思った昨日でした。


My SNS
twitter @mioalwaysWD


Mio