読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞すてっぷ

踊る日々の中で思ったことをゆるく、更新します。

大人になっても成長し続けられる人に

 

いつまでも、

"もっと"と思える自分でいたい。

 

私はいつもそう思います。

 

きっと出来るようになるはず。

もっと出来るはず。

 

 

そして昨日、はたと、思いました。

自分がそう思えるのは、

私の先生がそう思ってくださるからなんだ、と。

 

先生は、いくつになっても変われる、と知っていて、

そして先生が、必ず変われると、私達生徒のことを信じてくださってるんだと思うんです。

 

私は決して、天才じゃなくて。

物分りが良いわけでもなく、運動神経が良いわけでもなく、

それこそ本当に小学生よりも手のかかる20歳。

出来ないことはまだ沢山あるし、自分の抱える問題は、まだまだ大きくてずーっとそれの解決法を探してて。

 

でも、先生は決して諦めて言わなくなる、なんてことはなくて。

出来ないんじゃないか、と、ほっておく事もなくて。

いつも力になってくださる。

 

出来なくて悔しいときは沢山あるし、

嫌になるーーーって思う事も無いことはないけど、

先生より先に諦められないな、と。笑

 

 

もっと、と思えるのは、

先生がもっと、と言ってくださるからで、

それが自分に染み込んでるってこと。

 

それはどこにいっても変わらなくて、

高校でも、留学先でも、決してブレない私の強さになっていた気がします。

 

出来ないことを認識して、

そこを見るのは、楽なことではないと思うけど、でも、なんだか楽しい。

 

 

先生とのお稽古は、いつも発見が沢山あって、

いつもいろんなきっかけがそこにはあって、

私はいつもすごいなぁ、と思うわけなんです。

 

だからこそ、変わりたいと思い続けているし、思い続けられているし、

 

先生に良くなったね、と言われた時の嬉しさは格別で、

そう言われるのが嬉しくて、また頑張っちゃうのかもしれないです。笑

 

 

 

Mio